様々な種類の薬脂質の吸収を阻害する薬は、日本でマイナーなだけで、海外ではたくさんあります。薬によるダイエットを考えている方はどれを買えばいいかわからなくなるかもしれませんが、結論から言うとオルリファストが名実ともに最もオススメの薬になっています。
脂肪吸収の阻害剤で最も有名なのはゼニカルという薬なのですが、実はオルリファストはゼニカルのジェネリックになります。実際に医療の現場で使われているゼニカルと同じ効果を発揮しつつ、価格も安いので、非常に多くの方がオルリファストを利用しています。

ジェネリック医薬品は日本ではあまり知名度がないので、あまりいいイメージがない方も多いのですが、海外ではジェネリックの理解が進んでおり、多くの人がジェネリックを利用しています。
そもそも薬の値段が高いのは、新薬の開発費が非常に高額になることが原因です。新薬の開発は200~300億円かかるといわれており、商品化されるまでには20年近くかかる場合があります。製薬会社はその費用を回収し、新しい新薬を作らなければならないので、新しい薬を開発した直後に特許を申請し、約20年間販売権を独占します。莫大な費用を回収するためにも、薬の値段が高くなることは仕方がないことだといえるのです。
ジェネリックはこの特許が切れた後に開発が許可されます。ジェネリックはもとからある薬と同じ有効成分を利用しますので、開発には費用も時間もかかりません。すなわち、回収すべきものがないので、新薬に比べて非常に安価で販売ができるのです。もちろん効果は同等のものが期待できますし、有効成分に関しては新薬が20年以上使われた実績がありますので、安全性も高いといえます。
むしろ、新薬の欠点を改善し、飲みやすくなっているジェネリックも多いので、積極的にジェネリックを利用すべきだといえます。
ゼニカルも、効果が高い分薬価が高いのが悩みの種でしたが、オルリファストのおかげで非常に使いやすくなったといえます。ランニングコストも少なくて済みますので、オルリファストには様々なメリットがあるといえますね。