瓶に入っている薬オルリファストの個人輸入は本当に簡単に行えるのですが、その際には個人輸入ならではの注意事項があることも覚えておきましょう。
絶対に覚えておいていただきたいのは、オルリファストを転売や譲渡することができないということです。薬事法で認められているのはあくまで個人で輸入し、個人で使用することなので、誰かの分を一緒に輸入したり、薬の転売に関しては厳しく罰せられる可能性があります。実際に個人輸入した薬を販売して逮捕されている方も多いので、軽い気持ちで転売を行うのは絶対にやめましょう。
自分の名前で購入したものを家族で使ったり、一錠だけ挙げるという行為も許されていないので、オルリファストの取り扱いには細心の注意を払いましょう。

法律を違反しないように気を付けなければならないのはもちろんですが、自分が快適に利用するために注意すべきことがあることも覚えておきましょう。
まず、個人輸入の場合は海外から薬が届けられるので、日本国内で行う普通の通販よりも商品の到着が遅れてしまいます。さらに、転売防止の観点から商品の輸入数は限られますので、まとめ買いもしにくくなっています。これらの点を踏まえて、商品の購入は計画的に行うことが必要になってくるといえるでしょう。
オルリファストの場合は、オルリファストが手元にあってもマルチビタミン剤が切れてしまうことも考えられますので、薬を切らさないように細心の注意を払いましょう。
代行通販には国内の通販と勝手が異なる点も多いので、普通の通販以上に気を付けながら行いましょう。